ことのはロゴ

【重要】パソコンのメンテナンスについて(2013.03.12新規)

最終更新:2013年3月12日

パソコンのメンテナンスにおいて、重要なお知らせです。
パソコン要約筆記で派遣に行く人も、そうでない人も、全員が必ず心がけてください。
(いったん感染すると、その人からのメールでどんどん感染が広がったりします!)

1.Windows Update(第2火曜の夜 + 時々臨時)
2.セキュリティソフトのインストールと日々の更新

この↑2つは、今までもしつこく言ってきたので、常に気をつけてくださっていることと思いますが、
最近は、これに加えて以下の3つが大きなウィルス感染経路になっているようなので、こちらもチェックをお願いします。

3.動画再生プログラム「Adobe Flash Player」の更新
(「寿司打」「皿打」が動くPCには必ず入ってます)

(1)バージョン確認ページにアクセスし、自分のバージョンを確認します。
★製造元adbeの公式サイト「バージョン確認ページ」
http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

(2)ダウンロードページ
★同じくadbeのダウンロードページ
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
※「はい、Chrome をデフォルトのブラウザーとしてインストールし…」と書いたチェックボックスがありますが、不要ですので、なるべくチェックを外してください。
※「ご使用中のウィルス対策ソフトの無効化が一時的に必要な場合があります」と書かれていますが、たいていは無効化しなくても大丈夫です。


2.PDFを読むためのソフト「Adobe Reader」(最新版は XI)

(1)まず、「Adobe Reader ■」を起動します。どの方法でも結構です。
 (※■の部分は、お持ちのパソコンによって違います)
 ・PDFファイルを持っていればダブルクリック
 ・「スタート」>「全てのプログラム」>「Adobe Reader■」
 ・デスクトップにある「Adobe Reader」のアイコンから起動

(2)バージョン確認
 ・「ヘルプ」から「Adobe Reader ■について」を開く。
 ・出てきたウィンドウの下のほうに、「バージョン**.**.**」とあるので数字を確認。
 ・左端の数字が9・10・11のいずれかであることを確認。もし、これより古いバージョンなら、サポートが終了しているので必ず削除すること。

(3)有効なバージョンを最新にアップデートする方法
 ・サポート中のバージョンなら、ふたたび先ほどの「ヘルプ」メニューから
「アップデートの有無をチェック」を選んでクリック。
 ・アップデートがなければ、「利用可能なアップデートがありません」と出るので「閉じる」で終了。
 ・アップデートがあれば、あとは画面の指示にしたがってインストールしてください。

★古いバージョンの削除方法…OSにより以下のどちらかを選び、「Adobe Reader ■」を削除
 ・Windows XP:「コントロールパネル」>「プログラムの追加と削除」
 ・Windows Vista,7:「コントロールパネル」>「プログラムと機能」

★削除後、最新のXI版をインストールする方法
最新版ダウンロードページ
http://get.adobe.com/jp/reader/
※チェックボックスがあり「はい、Chrome をデフォルトのブラウザーとしてインストールし…」と書いてありますが、不要なオプションなので、できるだけチェックを外してください。
※「ご使用中のウィルス対策ソフトの無効化が一時的に必要な場合があります」と書かれていますが、たいていは無効化しなくても大丈夫です。


5.Java/JRE (入っていないor使っていない人もいるかも)

ことのはのWeb管理人は使っていませんので削除してあります。使わない人は削除していただくのが一番です。
(どうしても必要な人だけ最新を入れてください。)
なお、JavaScript(スクリプト)とは別モノです。
削除する場合は、コントロールパネルから削除してください。(上記のAdbe Readerの項目参照)

★(公式サイト)Javaヘルプ・センター
http://www.java.com/ja/download/help/index.xml
※削除方法や有効なバージョンのダウンロード、ブラウザでのプラグイン無効化など、詳しい手順はこちらを参照してください。

★MyJVN バージョンチェッカ
http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/vccheck.html
※上記には、国家試験である「情報処理技術者試験」などを実施している信頼のおける機関IPA(情報処理推進機構)が提供しているバージョンチェック用のツールがあります。必要に応じてご利用ください。


◀(前記事)【会計】振込先について(ゆうちょと百五銀行)
▶(次記事)参加表明掲示板(2タイプ)

(一覧)[5.会員向けの連絡]